美肌に万々歳…余りに多くの効能を持つゴボウの力!

美肌に万々歳…余りに多くの効能を持つゴボウの力!

美肌に万々歳…余りに多くの効能を持つゴボウの力!

 

野菜のゴボウが便秘に効くのは、結構知られています。ゴボウは、食物性繊維が多く、その他にも様々な効能があることは余り知られていないようです。まず、あの皮の部分に、抗菌力があります。、アクチゲニンのダブルの力で免疫力を高めることで、抗炎作用が強まり、肌トラブルを予防します。私は、便秘効果を期待して、このゴボウのお茶を飲んでいるのですが、その効果は、生野菜ほどではないようです。お茶にすると、繊維そのものの効果は、若干少なくなると言われています。

 

けれど、それにもまして、ゴボウ茶のの効能はたくさんあって驚くほどです。まず、あせも・湿疹などの肌トラブルを軽減します。ゴボウにはサポリンとアクチゲニンが含まれていますガ、これはダブルの力で免疫力を高めるてくれ、これに加えて、ゴボウには、タンニンというものが含まれていて、消炎作用や収れん作用があります。つまり、このタンニンのおかげで、毛穴や皮脂腺を引き締める効果・デオドランド効果が得られるわけです。ということは、制汗作用があるというわけですから、あせもにいいのです。

 

また、ゴボウには、. 若返り効果があります。これは、ポリフェノールの一種のサポニンが豊富だからです。サポニンは、細胞を活性化し若かがえらせる効果があります。つまり、アンチエージング効果ですね。細胞の老化を防ぐということです。ビタミンEも多いので肌や体内の細胞の老化を防ぐのです。細胞は、活性酸素によって、酸化し老化してしまうので、これを防御してくれるというわけなのです。皮の部分のサポニンが、苦み、えぐみといった成分ですが、このサポニンは水と油の両方に溶ける性質を持ち、血管についたコレステロールを除去したり、血中コレステロールを分解、悪玉コレステロールの働きを抑制させる働きがあることが明らかになっています。脂質を分解してくれますから、ダイエット効果があると言われているゆえんです。

 

また、ゴボウには、むくみを解消するという効果もあります。ゴボウには、利尿剤としての効果があるのです。それは、ゴボウに含まれるイヌリンという成分が、腎臓の機能に働きかけるからです。そして、腎臓機能の働きを高めますから、老廃物の排せつを促、発汗作用を強めます。こうすることで、細胞内の余分な水分を排出させますので、むくみも解消するのです。カリウムも多いのでその相乗効で、顔や足などのむくみを取ってくれます。

 

顔はむくみがない方が、スッキリしますし、顔の輪郭がきれいに見えたほうが美しく見えるでしょう。ゴボウに含まれる水溶性食物繊維・イヌリンは、腸のぜん動運動を活発にするだけでなく、腸内で善玉菌を増やす働きがあります。善玉菌が増えれば、自然と腸内環境が改善され、腸内環境が整えば、腸で作られるNK細胞も増え、免疫力もアップしますから、肌も最近など煮対する抵抗力も上がり、肌トラブルのない素肌を手に入れることもできるわけなのです。他にも、冷え症が治るとか、血糖値や体温を調整したり、鉄分も多いので、貧血を予防もしてくれます。本当に、効能があるゴボウです。