美肌は一日にしてならず!日々のたゆまぬ努力が1年後のお肌を作ります

美肌は一日にしてならず!日々のたゆまぬ努力が1年後のお肌を作ります

美肌は一日にしてならず!日々のたゆまぬ努力が1年後のお肌を作ります

 

美肌は人を若く見せます。お肌がきれいであれば、実年齢よりもずっと若く、そして美しく、健康的に見えます。美しさを追求する女性にとってお肌の手入れは非常に重要です。しかし美肌は一日にしてならずです。日々の努力がひつようです。では具体的にどのようなことをしたらよいのでしょう。まずお肌にとって一番必要なことは保湿です。肌が乾燥していると肌荒れや皺の原因となります。

 

お肌の保湿は化粧水や乳液などのスキンケアだけではなく、食事など内面からのアプローチも必要です。お肌を美しくするために欠かせないのはビタミンCです。ビタミンCは色素沈着を抑制し、肌に潤いを与える効果があります。肌にハリや潤いをあたえる効果のあるコラーゲンの生成をつかさどるのもビタミンCです。ビタミンCを多く含むものは柑橘系の果物やブロッコリーやトマトなどです。また、ビタミンEも肌のためにはとても大切な要素です。

 

肌は年齢とともに酸化し、潤いやハリ、ツヤがなくなってくるものなのですが、ビタミンEをしっかり摂取していると肌の酸化が抑制され、アンチエイジング効果が期待できます。また適度な油の摂取も乾燥防止、保湿には大切です。バージンココナッツオイル、バージンオリーブオイル、亜麻仁油など、良質な油を毎日適量摂取するとよいでしょう。これらは便秘解消効果もあります。体の中に老廃物をためこみすぎてしまうと肌荒れの原因にもなりますので、毎日しっかりと排便できることが美肌につながります。

 

また、食べ物とは別に、日焼けをしないように紫外線対策をしっかりするようにしましょう。肌にとって紫外線は大きなダメージです。肌は紫外線を記憶し、日焼けをしたり、シミをつくったりします。外出をする際には日焼け止めをしっかりと塗り、アームグローブや日傘、帽子などを身に着けて、できるだけ肌が直接紫外線を浴びてしまわないように気をつけましょう。また、美肌を作るためには洗顔も大切です。

 

毛穴に皮脂や汚れが詰まった状態ですと化粧水の入りも悪いですし、効果がしっかりとでません。皮脂や汚れは肌トラブルの原因ともなります。そのため、洗顔の際はしっかりと洗顔フォームをあわ立て、やさしい力でふんわりと指先でくるくると円を描くように時間をかけて洗顔しましょう。